Travel book

暑いのが嫌い、歩くことが嫌い、待つことが嫌い
団体行動は苦手だけれど計画立ててくれたら行ってあげてもいいよ?
そんなわがままなわたしが旅行に出かけてえらいでしょ?という旅行記です

旅行嫌いなのに旅行記

京都 2018年11月10日:京都国立博物館

1541860998757 日帰り京の旅_181112_0119

そうだ、京都いこう!と思ったそもそもの理由は、このかたな展を見ることでした。

でも、日帰りでしか行けなくて、行きたいところがいっぱいで

スケジューリングしているとかたな展は無理かな?と半ばあきらめていたのですが

なんと、金・土曜は20時まで開いていると知って急遽組み込みました。

刀剣男士のモチーフとなった刀剣を見ることがお目当てでしたが

なんといっても三日月宗近は秀逸でした。

肉眼でうちのけが見えるとは思っていなかったので、衝撃を受けました。

山姥切国広を足利で見た時にも泣かなかったのに(笑)三日月に泣かされるとはね・・・

山姥切といえば、本歌の長義が展示されていました。

刀剣乱舞ではまんばちゃんに喧嘩売ってる感じで、ぐぬぬとなったわけですが

でも彼がいなければまんばちゃんは生まれなかったので、我慢するとしましょう。

巷では呼び名をどうするのか?と話題になっています。

まんばちゃんにほんばちゃん、金さんに銀さんなどなど・・・

もうマルフォイでいいじゃん(笑)

わたし的には、骨喰藤四郎が美しく感じられて

これからはもっとレベルアップさせてあげようと思いました。

日帰り京の旅_181112_0183 日帰り京の旅_181112_0187 DSC_1301

空を見上げると、三日月がきれいでした。

日帰り京の旅_181112_0176 日帰り京の旅_181113_0200

今回の旅行はあまり休憩をする時間もなくて博物館を出た頃には全員が疲労困憊で

足を引きずりながらようやく駅にたどり着いた感じでした(笑)

夕食を食べるために店を探すのもお土産を買うのも億劫で

それでもちょっと休憩しようとカフェで一休み。

ほんの2~30分だったけれど、コーヒーとタバコでかなり回復できました。

夕食は駅弁を買って、新幹線の中で食べながら帰路につきました。

最初はこのスケジュールをこなせるのか?と思ったけれど

順調に時間通りに完了できたので、わたしたちはやればできる子でした。

だけどね。

なんだか京都にいたという実感がないのは、聖地巡礼がなかったからでしょうかね?

京都 2018年11月10日:嵐山

日帰り京の旅_181112_0072 日帰り京の旅_181112_0068 日帰り京の旅_181112_0067

嵐電で嵐山に向かい、RANDENバルでコラボドリンクをいただきます。

刀剣男士の紋で彩られた特製プラカップはお持ち帰りができます。

キモノフォレストを見ながら休憩していると

なんと、娘は推し友達と偶然遭遇するという奇跡が起こりました。

京都にいることを知っていたとしても、会えるなんて驚きです。

京都 2018年11月10日:車折神社

DSC_1295

昨年、京都を訪れた際にここで娘の就職祈願をしてきました。

その後あれよあれよという間に仕事が決まって、楽しく仕事をしています。

娘に買った「芸術才智」のお守りの効果は絶大だったのでしょうか。

今回は、そのお礼参りです。

そして御朱印をいただいた時に昨年の話をしてお礼を言ってきました。

11月23日には火焚祭があるので火焚串(護摩木)を奉納し

まっきーの舞台チケットが当たってたくさん観劇に行けるようお願いをしてきました。

そんな邪念たっぷりなお願いをきいていただけるかは不明ですが・・・

京都 2018年11月10日:東映太秦映画村

日帰り京の旅_181112_0028 DSC_1273 DSC_1276

スタンプラリーに参加するわけでもなかったのですが

本日のメインイベントの映画村です。

日帰り京の旅_181112_0076 DSC_1286

タッチパネルで好きな刀剣男士と季節の庭を選び記念撮影ができます。

審神者たちの推しが一目瞭然という公開処刑となりました(笑)

わたしは、ここに来るのは実に30数年ぶりでしたが

見覚えのある湯屋に思わず写真を撮ったのですが・・・

時の流れは非情なものですね。

日帰り京の旅_181112_0030 DSC_1312 DSC_1272

京都 2018年11月10日:伊藤軒

日帰り京の旅_181112_0004 日帰り京の旅_181112_0006 日帰り京の旅_181112_0003 日帰り京の旅_181112_0058

娘がどうしても行ってみたいとスケジュールをガン見していたので

後悔するよりも行ってみよう!ということになり歩くこと数十分。

ここには野菜ソムリエがおすすめする野菜を使ったランチとお餅やわらび餅が楽しめるカフェがあり

娘のお目当てのつるラテはすでに時間が過ぎていて飲むことはできませんでしたが

鶴らくがんを購入することができました。

お店でタクシーを呼んでもらって待つ間に食べたシュークリームは、美味でございました。

京都 2018年11月10日:藤森神社

1541861103265 DSC_1262 日帰り京の旅_181112_0009

「鶴丸国永」の写しが奉納・展示されているのでねん鶴ちゃんを連れてやってきました。

現在は皇室の私有財産(御物)として宮内庁侍従職が管理をしていますが

北条貞時や織田信長、伊達家のもとを渡り歩いたとされるこの刀は

一時、藤森神社の5月の神事で使われていたそうです。

天候もよく、七五三の可愛い参拝客もいて静かな境内が華やかになっていました。

お参りをして御朱印をいただき、いよいよ鶴さんとご対面です。

鶴さんは思ったよりも細身の美しい太刀でした。

いつか本物を見てみたいものです。

宝物殿には鶴さんグッズがたくさん展示されていました。

聖地なんですねぇ・・・

日野 2018年4月29日:八坂神社

DSC_0281

天然理心流門人らが奉納した額が残されており

新選組ゆかりの神社として知られるのが日野八坂神社です。

ここではだんだら模様の御朱印をいただけます。

娘が引いたおみくじは、なんと「凶」でした。

たぶんね、新生活が始まるから慎重に行けということなのでしょう。

DSC_0282 DSC_0284 DSC_0234

今回の日野散策は、後輩も一緒に楽しむことができました。

次回は京都に集合ですよー!

日野 2018年4月29日:日野宿本陣

DSC_0274 DSC_0275 DSC_0278

日野宿本陣は都内で唯一残る江戸時代に建てられた本陣建物です。

ここで土方さんは近藤さんや沖田くんと出会います。

土方さんが寝ころんでいたという部屋や、市村鉄之助が匿われていた部屋があって当時が偲ばれます。

お向かいのお土産屋さんで新選組グッズを購入。

DSC_0289 1524993533149 1524993528705

すごく迷ったのですよ。

当然土方さんの家紋の入ったものを選ぶべきだと思うのですがね。

でも、でも、斎藤一の家紋は、我が家と同じ「丸に九枚笹」なんですよー。

本陣のガチャではちゃんと和泉守兼定をゲットしたから、大丈夫だいっ!

日野 2018年4月29日:新選組のふるさと資料館

DSC_0273 20180429_180502_0014

平成30年は戊辰戦争の勃発から150年にあたります。

企画展「描かれた新選組」のシリーズ5回目として

地域別時代別の描かれ方の特徴と実際の戦いの様子や経過とを明治時代の錦絵を中心に比較・展示してありました。

そして、最後に現代の描かれ方・・・コミックが展示してありましたよ。

娘の新選組との出会いはPEACE MAKERですが、実はわたしは銀魂です。

正確に言うと、歴史の授業で沖田総司を知ってからの新選組ファンなのですが

薄桜鬼、刀剣乱舞、そして銀魂を見て土方さん熱が再燃したわけでして。

とにかく、土方さんの生き方が好きなのです。

ちなみにここではコスプレして写真が撮れますよ。

日野 2018年4月29日:高幡不動尊

DSC_0247 DSC_0252 DSC_0261 DSC_0268

土方歳三の菩提寺が高幡山金剛寺、通称高幡不動尊です。

山門をくぐる前に土方さんの銅像に引き寄せられてしまいました(笑)

兼さん、堀川くんいっしょに記念撮影です。

写真を見たら緑色のラインが映り込んでいて

カメラ師匠に聞いたらセンサーに映らないレンズ部分に光が当たったのではないか?とのこと。

わたしったら、土方さんが一緒に写りたくて来たんだと思ったのに。

残念。

御朱印をいただく間に大日堂の鳴り龍を拝観しました。

本堂に進み天井の龍の下で願いをこめて手を打つと、龍が鳴いて願いが叶うそうです。

各々が順番に手を打った時のリアクションが面白くて。

びよよよーんって聞こえるんですよ(笑)

そのまま本堂の裏に進むと、なんとそこには土方さんや新選組隊士の位牌が並んでいました。

「歳進院殿誠山義豊大居士」

迷わず娘にわたしの戒名にも「誠」をつけてもらいたいとお願いしました。

「戒名って頼めばつけてもらえるの?」と、わたしの願いは叶うかもしれません(笑)

出棺時には「ひとひらの風」をお願いします。