Travel book

暑いのが嫌い、歩くことが嫌い、待つことが嫌い
団体行動は苦手だけれど計画立ててくれたら行ってあげてもいいよ?
そんなわがままなわたしが旅行に出かけてえらいでしょ?という旅行記です

旅行嫌いなのに旅行記

日野 2018年4月29日:石田寺

DSC_0244 DSC_0241 DSC_0243

石田寺は土方家の菩提寺です。

門をくぐると樹齢400年と言われる高さ約20mもの榧の木影に

明治100年を記念し歳三の次兄隼人の曾孫にあたる土方康氏が建立した土方歳三顕彰碑があります。

一本木関門で被弾・戦死した土方さんの遺体がどうなったのか

誰に運ばれどこに埋葬されたのかは謎のままで、この墓には遺骨はありません。

お酒を供え、平和な日本の礎を作ってくれた感謝の気持ちを伝えてきました。

日野 2018年4月29日:石田散薬製造体験会

DSC_0236 DSC_0238 1524971405932 DSC_0288

年に1回だけ開催される石田散薬製造体験会は、9時より先着300名が参加することができます。

整理券は175番。

まずは参加できることが決まってよかったー!

乾燥したミゾソバを黒焼きにしたものを薬研に入れてごりごりごりごり・・・

薬包紙に包んで出来上がりです。

現在は黒焼きの民間薬全ての薬効を認めないということで製造していないそうです。

実は、わたしの隣で指導をしている小学生は「隼人くん」というんですよ!

そしてやっぱり孫の名前は「隼人」がいいとつい思ってしまったわけでして(笑)

日野 2018年4月29日:土方歳三資料館

DSC_0227 DSC_0240 DSC_0228 DSC_0232

念願の土方歳三資料館です。

門をくぐると土方さんの胸像と手植えの矢竹がお出迎えです。

館長の愛さんから説明を受けてお目当ての「和泉守兼定」を鑑賞します。

穴の開いた鎖帷子や手紙などが展示してある中央に飾られているのが

箱館戦争の際、小姓・市村鉄之助によって遺髪や写真、手紙などと一緒に送られてきた歳三最期の佩刀です。

茶の石目塗に牡丹唐草と鳳凰の蒔絵が施された鞘も、三本杉の刃文も本当に美しく

よく見ると柄の摩耗が激しく、土方さんが日頃から愛用していたことがわかります。

洋装になっても最期まで差していた「魂」そのものです。

よくぞ持ち帰ってきてくださった、よくぞ今日まで残してくださったと思ったら

自然に涙がこみ上げてきました。

おかしい。

あんなに大好きな山姥切国広を見た時にも泣かなかったのに。

やはり土方さん愛はキャリアが違うってか?(笑)

涙と言えば・・・土方さんのサイダーがありましたよ。

その名も「土方歳三の涙サイダー」

DSC_0286

三島 2018年1月21日:Via701

DSC_4565 DSC_4568

さぁ、景品交換所に向かいます。

楽寿園界隈は、TVドラマ「ごめんね青春」のロケ地だったのでのんびり散策を・・・と思っていたところ

調子に乗ってラテやらヨーグルトジェラードを食べたせいで、乳糖不耐症のわたしの身体に異変が起こりました(笑)

景品交換所までもつのか?コンビニはどこだ?散策というよりもはや捜索です。

そこに、蓮馨寺という救いの手が差し伸べられました。

迷わず公会堂に駆け込み、あたかもお墓参りに来た人という体で(笑)

20180121_180123_0092 20180121_180123_0093 20180121_180123_0094

境内を出たら、すぐに交換所でした。

スタンプラリーの景品のクリアファイルを無事に獲得することができました。

実は、ぱぱっとスタンプ押して帰って来られると思っていたのですが

思った以上に三島を堪能できました。

足利でのまんばちゃんコラボは4億円の経済効果があったそうですが

果たして三島はどうなるのでしょうね?

三島 2018年1月21日:三島市郷土資料館

DSC_4548 DSC_4551 DSC_4558

三島市郷土資料館は、楽寿園の中にあります。

楽寿園は、明治時代に小松宮彰仁親王の別邸として造営され

1954年には小浜池と周囲の自然林・植生を含む庭園が国の天然記念物および名勝に指定されています。

不動くんのパネルは3階に飾ってありました。

十月桜が咲いていたので、まんばちゃんと撮影。

庭園内にはアルパカがいたり、カピバラがお風呂に入るのを見ることもできます。

恐るべし、楽寿園。

三島 2018年1月21日:みしまプラザホテル

20180121_180123_0047 20180121_180123_0064 20180121_180123_0045 20180121_180123_0051

三島大社から徒歩で楽寿園に向かう途中の商店街にはフラッグが並び、コラボグッズを販売しています。

まずは千歳屋さんでマステとメモ帳、不動くんのさくら棒、ミニどら焼きを購入予定だったのですが

どら焼きがすでに売り切れていて、店主が先のお茶屋さんかおもちゃ屋さんにもあると教えてくれたので

ミシマトイスに移動し、最後の1個を購入することができました。

ここでも隣のスポーツ店に在庫を聞きに行ってくれたり

兎月園さんで作っているから入荷したら連絡しましょうか?と親切にしていただきました。

街を挙げてイベントを楽しんでいる様子が伝わってきます。

ジェラート専門店のBrigelaで三振をイメージしたジェラードを食べて

みしまプラザホテル前でスタンプを押して、謙信景光のパネルを撮影し楽寿園に向かいます。

三島 2018年1月21日:三島大社

20180121_180123_0025 20180121_180123_0012

三島大社でお参りをして、御朱印をいただき、五虎退ちゃんのパネルを撮影。

お向かいの「大社の杜みしま」でランチです。

20180121_180123_0027 20180121_180123_0036 20180121_180123_0030

「メイシー」では五虎退ちゃんをイメージした”虎” ”雀” ”カーン”の絵柄の「名刀ラテ」をいただきました。

三島 2018年1月21日:三島田町駅

DSC_4521 20180121_180123_0014

次は、伊豆箱根鉄道駿豆線、通称伊豆っ箱の三島田町駅です。

ここには等身大のこんのすけのパネルが展示してあります。

車を止める場所がなかったので、隣接するスーパーの駐車場に入り

娘たちにスタンプを任せて、わたしはスーパーでお買い物。

意外とこんのすけが大きかった(笑)

大きいと言えば、大きなこんのすけは来週佐野美術館にやってくるようです。

三島 2018年1月21日:佐野美術館

20180121_180123_0007 20180121_180123_0006 timthumb (1)

「上杉家の名刀と三十五腰」展での五虎退、謙信景光に加え、不動行光を特別展示することを記念し

三島市と刀剣乱舞-ONLINE-がコラボスタンプラリーを実施するというので、さっそく会いにきましたよ。

30分前に着いたらもう大勢が並んでいて、足利にまんばちゃんを見に行った時のことを思い出しました。

足利では、いかにも審神者です!という女の子たちばかりだったのですが

ここ三島は老若男女入り乱れての列で、なんかほっとするー(笑)

40年ぶりに公開された不動くんの人気の高さといったところでしょうか?

展示室内ではすいているところから見てくださいとアナウンスしていたけれど

刀を間近で鑑賞するには、やはり並んでのろのろ進むしかないわけで

早くお目当ての三振を見たい気持ちという気持ちと裏腹に。心奪われたのは長船の太刀でした。

京都 2017年11月13日:妙心寺

DSC_4262 DSC_4263 DSC_4266 DSC_4269

念願の妙心寺です。

ここ数年京都を訪れながらも見ることができなかった「退蔵院」に向かう途中

「大法院」が特別公開していたので拝観することができました。

ここは真田幸村の兄で松代藩主であった真田信之の菩提寺です。

美しい庭園を鑑賞しながらお茶をいただきます。

いつまでも座って眺めていたかったのですが、拝観時間の都合で「退蔵院」に向かいます。

DSC_4271 DSC_4272 DSC_4276

高校生の時に修学旅行で訪れて以来、実に40年ぶりです。

狩野元信の枯山水に魅せられ、京都で一番好きな庭園がこの「退蔵院」です。

余香苑の門をくぐると正面に紅枝垂れ桜、その左右に陰陽の庭が広がります。

敷砂の色が異なる2つの庭は、物事や人の心の二面性を伝えているのだそうです。

春には見事な桜が咲き乱れるわけでまさしく「そうだ、京都いこう」の世界です。

水琴窟の音色に癒され、紅葉の庭園をしばらく静かに堪能することができました。

DSC_4277 DSC_4282

今回の出張は、限られた時間内でスケジュールをこなさなくてはならなかったのですが

思った以上にうまく回れたように思います。

残念だったのは、一度も「京都らしい食事」ができなかったこと。

まぁ。グルメでもないし良しとしましょう。