京都刀剣御朱印めぐり 2019年3月30日:伊藤軒

DSC_2222 DSC_2224 DSC_2229

京都の締めは、昨年飲めなかったつるラテをいただきに伊藤軒に向かいます。

遅いランチだったのですが、すでにご飯がなくて・・・

疲れた時には甘いもの!で、ごちそうさまでした。

今回の旅行は、仕事でもやもやしているときに自分へのご褒美で申し込んだのですが

大阪の友達も誘ってみたところ快諾してもらって

自分よがりなコアなツアーに付き合わせてしまいました。

でも、楽しんでくれたようでなによりです。

心機一転、新年度も趣味と推し事に頑張ります。←仕事もしろ

2019年4月6日

京都刀剣御朱印めぐり 2019年3月30日:藤森神社

DSC_2221 DSC_2220

いよいよ最後の藤森神社です。

昨年の11月に訪れたばかりだったのに、こんなに早く二度目があるとは思いませんでした。

ここには鶴丸国永の写しが奉納されています。

DSC_2223

こうして、ようやく四社の御朱印が揃いました!

特製のお守り袋がついています。

ところどころ雨が降るあいにくの天気でしたが、予定時間内に完了できたのも

双葉葵のタクシーのご縁があったからこそで、感謝です。

2019年4月6日

京都刀剣御朱印めぐり 2019年3月30日:豊国神社

DSC_2214 DSC_2218 DSC_2210

豊臣秀吉を祀る豊国神社は、出世開運の神様、勝運の神様とされ人気があります。

国宝の唐門の前には拝殿があって、普通の神社なら拝殿でお祈りをするのですが

豊国神社では唐門の前までしか行くことができません。

しかも唐門をくぐると出世できるというのに・・・残念でした。

DSC_2212 DSC_2211 DSC_2216

骨喰藤四郎は豊臣秀吉の御物だったことから、明治維新後に徳川家から豊国神社に奉納されたそうです。

昨年、京都かたな展で実物を見た時に、彫られた倶利伽羅が美しくて

それからゲームでもばみちゃんを育ててレベルアップをしているというわけでして(笑)

桜もとても綺麗でした。

2019年4月6日

京都刀剣御朱印めぐり 2019年3月30日:粟田神社

DSC_2206 DSC_2198

粟田口の地は、平安時代から室町時代にかけて刀鍛冶が多く住んでいたとされ

名刀「一期一振」をはじめ数々の国宝を手掛けた天下の三名工と呼ばれる粟田口吉光や

天下五剣と呼ばれる名刀のうち最も美しいといわれる国宝「三日月宗近」を手掛けた三条宗近も

この三条粟田口に住んでいたと言われています。

いわば、審神者の聖地とでも申しましょうか。

ここでは三条小鍛冶宗近がスランプに陥っていた際、氏神である稲荷明神の狐が童子に化けて相槌を振り

名刀「小狐丸」を完成させたという逸話の残る「相槌稲荷神社」の御朱印もいただけます。

DSC_2203 DSC_2204

参道の脇にある「鍛冶神社」には製鉄・鍛冶の神である天目一箇神と共に

名工である三条小鍛冶宗近、粟田口藤四郎宗近が一緒に祀られています。

刀剣の神様をお祀りしているだけに悪縁を切り、良縁結びに霊験あらたかなうえに

勝ち運にも恵まれるとのことなので、チケットが当たるようお願いをしてきました。

2019年4月6日

京都刀剣御朱印めぐり 2019年3月30日:八大神社

DSC_2195 DSC_2196

ドライバーお勧めの神社2つめ。

わたしたちが刀剣好きだと知って、宮本武蔵が悟りを開いたという八大神社に向かいます。

吉岡一門数十人との決闘を前に神頼みをすることを思い立ったが

神仏に頼ろうとした自分の弱さに気づき寸前にやめたという逸話が残っています。

宮本武蔵といえば、「五輪書」と巌流島の決闘くらいしか知らないんですけどね・・・

近くに詩仙堂があって、そういえば詩仙堂も行ったことないなぁと思いながら次へ向かいます。

2019年4月6日

京都刀剣御朱印めぐり 2019年3月30日:上賀茂神社

DSC_2190 DSC_2189 DSC_2191

実は、壬生寺から建勲神社に移動する際に当初はバスを予定していました。

御朱印巡りをするにあたって、移動手段を詳細に調べてしおりまで作ってあったのですが

初めていく神社ばかりで不安だったこともあり、バス停の前にタクシーを拾いました。

それがなんと、ヤサカタクシー1200台のうち2台しかないという「双葉葵」のタクシー。

ドライバーがすごく親切丁寧な解説をしてくださったので1日貸切ることに。

御朱印巡りの神社以外にも近隣で寄れそうなところを案内してくれるというので

まず寄り道1つ目が上加茂神社です。

「上賀茂神社」の第42回式年遷宮を記念して双葉葵の運行を開始したそうで

タクシーのレシートを上賀茂神社の社務所に持っていくと記念シールがもらえました。

DSC_2201 DSC_2230

2019年4月6日

京都刀剣御朱印めぐり 2019年3月30日:建勲神社

DSC_2185 DSC_2178 DSC_2179

京都の船岡山の山頂に鎮座する建勲神社は、織田信長の功績を称え明治天皇により創建されました。

桶狭間合戦の出陣の際の「人間五十年 下天のうちをくらぶれば・・・」の一節が刻まれた石碑があります。

お参りをして、さっそく御朱印をいただきます。

DSC_2184 DSC_2181

宗三左文字は今川義元から織田信長、徳川家康へと受け継がれ、創建時に徳川家から寄贈された刀です。

わたしが初めて観た2.5次元舞台にはまるきっかけとなったのが、この宗三さんが出ていた刀剣乱舞でした。

でも、結局宗三さんよりまんばちゃんにハマってしまったので、娘は宗三さんを「元カレ」と呼びます(笑)

薬研藤四郎は本能寺の変において焼け落ちたとも、豊臣秀吉を経て徳川将軍家が所持したともいわれており

確かな消息は不明で現存もしていませんが、昨年写しが鍛刀され奉納されています。

2019年4月6日

京都刀剣御朱印めぐり 2019年3月30日:壬生寺

DSC_2176 DSC_2177 DSC_2231

京都と言えば、ここを外さずには始まりません。

京都刀剣御朱印めぐり第8弾が始まったのが今年の1月19日。

終了のお知らせがないので、たぶんまだ開催中なんだろうと計画を立て

わざわざ壬生寺の近くのホテルを予約し、聖地巡礼からのスタートです。

新しい御朱印帳を購入し、八木邸、前川邸をちょこっと覗き

さぁ、御朱印巡りに向かいます。

2019年4月6日

鳥羽伏見の戦いを追って 2019年3月29日:池田屋

DSC_2164 DSC_2165 DSC_2166

人は二度死ぬと言われています。

一度目は、肉体的な死。

二度目は忘却による死。すべての人がその人の存在を忘れてしまった時に、本当に人は死ぬ。

そういう意味では、新選組のファンがいる限り土方さんも源さんも二度目の死は訪れないと思われます。

土方さんにもそう伝えたのですが

笑って新選組の解釈は人それぞれだからというようなことを話されていました。

子供のころから歳三さんの写真が飾られていて、仏壇の中央に歳三さんの位牌があって

子孫であることを意識せずに自然に受け入れていたそうですが

同級生の親から冗談で「人切り集団の新選組か」と言われたこともあったそうです。

新選組を題材とした作品は、ドラマ、小説、漫画、アニメ、ゲーム、舞台などいろいろありますが

その中で愛さんが歳三さんはこんなイメージだったんだろうなぁと一番感じたものはどの作品なのか

お聞きしたかったのですが、まさか銀魂2をご覧になったと聞いて、それは、あかんやつ~!となりました。

といっても、わたしはこの「動乱篇」が新選組クラスタとなる入り口であるわけで

参加者にも審神者や薄桜鬼ファンも多く、結果的には土方さんイェーイ!でよかったようです。

鳥羽伏見の戦いから新選組は敗走を続けていくわけですが

誠を掲げ義を貫き最期まで武士として戦った生き様を

後世まで伝えていくのが、新選組クラスタの義務だと思った1日となりました。

2019年4月6日

鳥羽伏見の戦いを追って 2019年3月29日:淀城跡

DSC_2155 DSC_2156 DSC_2158

鳥羽伏見の戦いで敗戦を決定づけた舞台となったのが、淀城です。

藩主・稲葉正邦が不在であることを理由として

旧幕府軍将兵の入城を拒絶したことで撤退を余儀なくされます。

たらればをいまさら言ってもどうなるものではないにしても

ここで踏ん張ることができていたら、歴史は少し変わっていたのでしょうか。

境内にある古図を見ながら説明をしているときに「欣浄寺」の名前を見つけて

源さんの首を埋めたと言われる場所が判明したのだそうです。

この周辺にはたくさんの石碑が点在しています。

旧幕府軍の野ざらしになった遺体を住民が見かねて供養したそうですが

古城跡の公園で楽しそうに駆け回る子供たちを見るにつけ

つはものどもが夢のあと・・・という気分になりました。

2019年4月6日