三島 2018年1月21日:Via701

DSC_4565 DSC_4568

さぁ、景品交換所に向かいます。

楽寿園界隈は、TVドラマ「ごめんね青春」のロケ地だったのでのんびり散策を・・・と思っていたところ

調子に乗ってラテやらヨーグルトジェラードを食べたせいで、乳糖不耐症のわたしの身体に異変が起こりました(笑)

景品交換所までもつのか?コンビニはどこだ?散策というよりもはや捜索です。

そこに、蓮馨寺という救いの手が差し伸べられました。

迷わず公会堂に駆け込み、あたかもお墓参りに来た人という体で(笑)

20180121_180123_0092 20180121_180123_0093 20180121_180123_0094

ぱぱっとスタンプ押して帰って来られると思っていたのですが

思った以上に三島を丸1日堪能してきました。

2018年1月24日

三島 2018年1月21日:三島市郷土資料館

DSC_4548 DSC_4551 DSC_4558

三島市郷土資料館は、楽寿園の中にあります。

明治時代、小松宮彰仁親王の別邸として造営され

1954年には小浜池と周囲の自然林・植生を含む庭園が国の天然記念物および名勝に指定されています。

十月桜が咲いていたので、まんばちゃんと撮影。

庭園内にはアルパカがいたり、カピバラがお風呂に入るのを見ることもできます。

恐るべし、楽寿園。

2018年1月24日

三島 2018年1月21日:みしまプラザホテル

20180121_180123_0047 20180121_180123_0064 20180121_180123_0045 20180121_180123_0051

三島大社から徒歩で楽寿園に向かう途中の商店街にはフラッグが並び、コラボグッズを販売しています。

まずは千歳屋さんでマステとメモ帳、不動くんのさくら棒、ミニどら焼きを購入予定だったのですが

どら焼きがすでに売り切れていて、店主が先のお茶屋さんかおもちゃ屋さんにもあると教えてくれたので

ミシマトイスに移動し、最後の1個を購入することができました。

ここでも隣のスポーツ店に在庫を聞きに行ってくれたり

兎月園さんで作っているから入荷したら連絡しましょうか?と親切にしていただきました。

街を挙げてイベントを楽しんでいる様子が伝わってきます。

ジェラート専門店のBrigelaで三振をイメージしたジェラードを食べて

みしまプラザホテル前でスタンプを押して、楽寿園に向かいます。

2018年1月24日

三島 2018年1月21日:三島大社

20180121_180123_0025 20180121_180123_0012

三島大社でお参りをして、御朱印をいただき、五虎退ちゃんのパネルを撮影。

お向かいの「大社の杜みしま」でランチです。

20180121_180123_0027 20180121_180123_0036 20180121_180123_0030

「メイシー」では五虎退ちゃんをイメージした”虎” ”雀” ”カーン”の絵柄の「名刀ラテ」をいただきました。

2018年1月24日

三島 2018年1月21日:三島田町駅

DSC_4521 20180121_180123_0014

次は、伊豆箱根鉄道駿豆線、通称伊豆っ箱の三島田町駅です。

ここには等身大のこんのすけのパネルが展示してあります。

車を止める場所がなかったので、隣接するスーパーの駐車場に入り

娘たちにスタンプを任せて、わたしはスーパーでお買い物。

意外とこんのすけが大きかった(笑)

大きいと言えば、大きなこんのすけは来週佐野美術館にやってくるようです。

2018年1月24日

三島 2018年1月21日:佐野美術館

20180121_180123_0007 20180121_180123_0006 timthumb (1)

「上杉家の名刀と三十五腰」展での五虎退、謙信景光に加え、不動行光を特別展示することを記念し

三島市と刀剣乱舞-ONLINE-がコラボスタンプラリーを実施するというので、さっそく会いにきましたよ。

30分前に着いたらもう大勢が並んでいて、足利にまんばちゃんを見に行った時のことを思い出しました。

足利では、いかにも審神者です!という女の子たちばかりだったのですが

ここ三島は老若男女入り乱れての列で、なんかほっとするー(笑)

40年ぶりに公開された不動くんの人気の高さといったところでしょうか?

展示室内ではすいているところから見てくださいとアナウンスしていたけれど

刀を間近で鑑賞するには、やはり並んでのろのろ進むしかないわけで

早くお目当ての三振を見たい気持ちという気持ちと裏腹に。心奪われたのは長船の太刀でした。

2018年1月24日

京都 2017年11月13日:妙心寺

DSC_4262 DSC_4263 DSC_4266 DSC_4269

念願の妙心寺です。

ここ数年京都を訪れながらも見ることができなかった「退蔵院」に向かう途中

「大法院」が特別公開していたので拝観することができました。

ここは真田幸村の兄で松代藩主であった真田信之の菩提寺です。

美しい庭園を鑑賞しながらお茶をいただきます。

いつまでも座って眺めていたかったのですが、拝観時間の都合で「退蔵院」に向かいます。

DSC_4271 DSC_4272 DSC_4276

高校生の時に修学旅行で訪れて以来、実に40年ぶりです。

狩野元信の枯山水に魅せられ、京都で一番好きな庭園がこの「退蔵院」です。

余香苑の門をくぐると正面に紅枝垂れ桜、その左右に陰陽の庭が広がります。

敷砂の色が異なる2つの庭は、物事や人の心の二面性を伝えているのだそうです。

春には見事な桜が咲き乱れるわけでまさしく「そうだ、京都いこう」の世界です。

水琴窟の音色に癒され、紅葉の庭園をしばらく静かに堪能することができました。

DSC_4277 DSC_4282

今回の出張は、限られた時間内でスケジュールをこなさなくてはならなかったのですが

思った以上にうまく回れたように思います。

残念だったのは、一度も「京都らしい食事」ができなかったこと。

まぁ。グルメでもないし良しとしましょう。

2017年11月18日

京都 2017年11月13日:ワンダアカフェ

DSC_4259 DSC_4252 DSC_4249

妙心寺駅を下車し、ちょっとコーヒータイム。

ふらっと入ったレトロな喫茶店の店内にはカオスな空間が広がっていました。

DSC_4253 DSC_4254 DSC_4257

これは、トイレの中のディスプレイです。

思わず、携帯を取りに戻り再度トイレにこもり撮影をしたという(笑)

思いがけない出会いとなりました。

2017年11月18日

京都 2017年11月13日:車折神社

DSC_4239 DSC_4247 DSC_4241

仕事を終えて電車で帰る途中、たまたま「嵯峨嵐山」駅があって(笑)

満員電車に乗りかえて、まっきーが7月に参拝した車折神社に向かいます。

境内社の芸能神社は天宇受売命を祀っており、芸能・芸術の分野で活動する人々の玉垣が並んでいます。

まっきーの玉垣を探すこともここを訪れる目的の一つでした。

11月23日には火焚祭があるそうなので火焚串(護摩木)を奉納し、娘には「芸術才智」のお守りを購入しました。

どうか我が家の運気があがりますように・・・

ついでに、まっきーの公演が無事成功しますように。

2017年11月18日

京都 2017年11月12日:メインイベント

DSC_4222 DOarVIRUMAAh5tr DSC_4235

さて、いよいよ本日のメインイベント!

舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜 Blu-ray&DVD発売記念イベントに参加してきました。

会場前はすでに長蛇の列で、電子チケット+身分証明という厳重なチェックを抜けるとまたしても長蛇の列。

キャストのパネルを撮影する列と、トイレの列でした。

どう考えてもどちらも開演には間に合わなそうだったので、断念して会場に入ったのですが

席はちょうど真ん中あたりで、前列の人の頭の間からまっきーとわだっくまが見える状況でした。

始終和やかなトークショーで、本当にまっきーは翔さんが大好きなんだなと。

まっきーのお気に入りは小夜との手合わせのシーンで、それはわたしも同じだったので納得。

そして、テンションMaxになったのはまっきーの

「お母さん!早く起きないと…学校行っちゃうよ!」

というわたしへの愛の告白でした。

いやぁ、こんなふうに言われたら、飛び起きるよね(笑)

カメラも入っていたので、是非このイベントも東京の分も合わせてDVD化してほしい!

帰りのバスで途中下車し、哲学の道を歩こうとしたのですが

すでに足が痛くなっていたので、ちょこっと通り過ぎた程度でホテルに向かいました。

2017年11月18日