大千秋楽

o0608108014237932970

昨日の舞台鑑賞の疑問、もやもやがライビュで回収できるのか?

・・・さらに円環から抜け出せなくなりました。

大千秋楽となったので、感想をまとめてみましょう。

なんといってもまんばちゃんの必殺真剣!!に大号泣です。

フードが取れた姿が本当に美しかった。

そして大千秋楽ならではの演出変更。

まんばちゃんが、みかちに勝った!

この二人の殺陣はぞっとするほど美しく、悲しく、

「もっと強くなった俺が相手してやる」という言葉に、次作は極で登場?と期待させます。

わたしとしては、まんばちゃんが勝ったことでみかちを救えたと思うし

それで戦争シーンもなくなったのではないかと思いたいです。

巷では悲伝の考察があふれていて、よくみんなあんな発想が出てくるものだと感心するばかりで

もやもやの糸が少しずつほぐれていく気がします。

また虚伝から見直してみましょうかね。

2018年7月29日 | カテゴリー : hobby | 投稿者 : つかちゃん